カテゴリ:被害にまつわる話( 4 )

保険の話2

家財にかける話は前回した通り。
実はわたしは今回被害にあったもののうち、カルティエのリングはクレジットカードで購入していた。しかもそのカードは「ショッピング保険」なるものがついていました。

「ショッピング保険」はクレジットカード決済で購入したものに対して購入日から一定期間内での盗難・紛失・破損を補償してくれる保険サービスです。「ショッピングプロテクション」・「ショッピングガード保険」、「お買い物安心保険」等カード会社によって若干呼び名が変わるが基本的なサービス・保証内容は同一です。

だからカルティエのリングに関しては、「クレジットカード」と「火災保険」の2つが適用になるわけです。
だからといって保険支払額が2倍になるということはありませんよ。どちらの保険会社にも「カルティエのリングに関しては他にかけている保険がある」ということを伝えてあるので、両方の保険会社が保険金額を折半するカタチになります。

2重支払いは訴えられる可能性があるもの。こんなところで罪をおかしたくないもん。
それはともかく、このショッピング保険は購入してから一定期間内の盗難・紛失・破損に対して保障されるので、現金で購入するよりも何かあった場合の安心度は高いと思われます。そうやってクレジットカード利用額を増やしても、限度額を超えないように気をつけることは必要ですがね。

ショッピング保険付カード比較
[PR]
by barcradle_annex | 2006-01-31 17:26 | 被害にまつわる話

今でも思うこと

事件発生から一週間経った。
一週間前にはこんなことをメモランダム的に書き込んでいた。
現在の状況
○家から出るのが怖い。家に帰るのが怖い。
○体の微妙な震えが止まらない
○防犯について反省すべき点がいっぱい挙げられる。「思っていたのにやらなかった」とか「しらなかった」という発言をしている自分に気づき、無知は罪だという言葉を思い出す。
○無理やり気分を盛り上げようとするもスグ落ちる。
○一番許せないのは犯人だけど、その次にあたしだと思う。
○たまたまカーテンをしめっぱなしにしてしまった。
○盗まれてしまった金額も痛いが、買って来てくれた婚約指輪が「盗まれた」というのが一番いたい。もっとちゃんと扱うべきじゃなかったのか?あの指輪があったから命拾いした、と警官も周りの人もK氏も言ってくれることに納得しつつも、納得できない。
対策
○窓側の防犯UP(→会社に依頼)
○玄関には出るときにこよりを挟む→ずれていたら中に入らない
今は一週間前よりは恐怖心は和らいだし、落ち着いている。
それでも相変わらずに持っているのは「一番許せないのは犯人だけど、その次にあたしだと思う。」ということ、「無知は罪だ」ということ。

後悔先に立たず、とは分かっているからこそ腹立たしさが消えない。
復讐したい相手は顔も姿も形もわからない。そうすると自然と相手は自分になってくる。
自分のまぬけさとかが無知さがとってもやりきれない。もうこんな思いは二度としたくないということをまた繰り返していて、やりきれなさにげんなりしてる。

この復讐心を晴らすために散財したところで、なにもならないとも思ってる。それよりも力が欲しい。こんなこと、ふきとばせるやーいっていうタフさがほしい。そしていかにしてこの気持ちを晴らすか、昇華するか。どうやらそこにポイントが移っているようです。
[PR]
by barcradle_annex | 2006-01-20 14:57 | 被害にまつわる話

ぼろぼろでてくる被害者

空き巣に遭いました(涙)ということを自分の周囲に話すと、いやはや「私も」だの「オレも」だのいろいろでてくる。

社内では総勢90名の人が働いているが、うち2人が空き巣被害を受けている。
1人はピッキングにより侵入され、婚約指輪以外の貴金属一切合財を盗まれた。
もう1人は全然気がつかずに、気がついたときにはいろんなものがなくなっていたらしい。

ネットで検索しても私と同じように「婚約指輪を盗まれました」といういう人もいるし、「ブランドもののバッグを盗まれました」だけでなく、「ペットのチワワを盗まれました」という人もいる。
チワワ・・・それはもうもはや空き巣盗難というより、飼い主にとっては誘拐だよね。
[PR]
by barcradle_annex | 2006-01-20 11:32 | 被害にまつわる話

犯罪白書

平成17年版犯罪白書によれば、 財産犯による被害総額は,約3,258億5,000万円(前年比4.1%減)。
これはライブドアが時価総額を2日間で減らした額(3,000億円)にほぼ近い金額。どっちがすごいのかというのはかなり難しい。

一般般刑法犯の認知件数は256万3,037件で、うち窃盗が刑法犯の57.8%を占めている。計算上ではあるが約148万件の窃盗が一年間でおきていることになる。1日あたり4,054件だ。

多すぎだよ(涙)。

ちなみにわたしの被害者届番号は8番。1月13日までの祝休日を除くと、ちょうど8日目にあたる。ふつうの会社員みたいな仕事っぷりがしゃくにさわる。

もっとしゃくに障るのは、室内を荒らした跡だ。
洗濯物はランドリーボックスから出し、アクセサリーボックスをひっかきまわし、書類ボックスをめちゃくちゃにした。
しかも土足でだ。土足!人の家に上がるんだったら靴を脱げ!と思わず力を込めてキーボードを叩いてしまう。

警察官が帰った跡にトイレに入るとかすかにたばこのにおいが残っていた。わたしはたばこをすわないので、ほんのわずかなニオイでもかぎつけられるのだ。人の家で一仕事終わった後にすうなっとコチラに関しても腹立たしく思う。

自分で書いていてなんなのだが、「怒り」の感情がでてきた。やっと犯罪が起こる前の感覚をとりもどしつつある。
[PR]
by barcradle_annex | 2006-01-19 18:10 | 被害にまつわる話