【再犯つながり】⇒空き巣犯再び!?

どうやら我が家に再び空き巣犯が訪れた模様です。
しかも今回は合鍵を使って玄関から。


続きはコチラ



Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
# by barcradle_annex | 2006-02-16 11:23 | 経過報告

保険の話2

家財にかける話は前回した通り。
実はわたしは今回被害にあったもののうち、カルティエのリングはクレジットカードで購入していた。しかもそのカードは「ショッピング保険」なるものがついていました。

「ショッピング保険」はクレジットカード決済で購入したものに対して購入日から一定期間内での盗難・紛失・破損を補償してくれる保険サービスです。「ショッピングプロテクション」・「ショッピングガード保険」、「お買い物安心保険」等カード会社によって若干呼び名が変わるが基本的なサービス・保証内容は同一です。

だからカルティエのリングに関しては、「クレジットカード」と「火災保険」の2つが適用になるわけです。
だからといって保険支払額が2倍になるということはありませんよ。どちらの保険会社にも「カルティエのリングに関しては他にかけている保険がある」ということを伝えてあるので、両方の保険会社が保険金額を折半するカタチになります。

2重支払いは訴えられる可能性があるもの。こんなところで罪をおかしたくないもん。
それはともかく、このショッピング保険は購入してから一定期間内の盗難・紛失・破損に対して保障されるので、現金で購入するよりも何かあった場合の安心度は高いと思われます。そうやってクレジットカード利用額を増やしても、限度額を超えないように気をつけることは必要ですがね。

ショッピング保険付カード比較
[PR]
# by barcradle_annex | 2006-01-31 17:26 | 被害にまつわる話

保険の話

私、今の部屋に住み始めるときに損保ジャパンの火災保険(新家庭保険)というものに保険をかけておりました。
新家庭保険というのは新住宅総合保険で補償される火災・風災・水災などに加え、偶然な事故による破損・汚損、凍結水道管の修理費用、ドアの鍵(キー)が盗難された場合の錠(ドアロック)の交換費用など、日常のハプニングまで幅広く補償されるものです。

従いまして、今回の盗まれたものに関しては
・リング
・婚約指輪
・時計
・壊れたものほしざお
に関しては保障されるわけですね。

申告する際には
・購入したことを示すレシート
・保証書
が必要になります。
そして、書き込む書類に「被害届」の受理番号が必要になってきます。
保険では上限500万円まで保証されるということになっているから全額保障されるのかなとおもっていたら、落とし穴がありました。

明記物件というものをご存知でしょうか?
明記物件とは、保険証券に明記しなければ補償されないものをいいます。例としては貴金属や、美術品、時計、彫刻などなどです。これらに該当していても、明記物件として証書に記載されていない場合、保険金は30万円までしか支払われません。

私は保険契約当時は婚約指輪は持っていなかったので明記していませんでしたし、もらったときもすっかり明記物件のことを忘れていたので、婚約指輪に関しては価格が高かったのにも関わらず30万円までしか保証されないのです。とほほ感に拍車がかかる。

明記物件のことに関しては訴訟も起きてはいますが(あいおい損保との裁判について)、取り急ぎはそういう損害保険会社が定めているルールがあるということは覚えておかねばならないでしょう。

って次は地震保険も検討しておくか。。。。
[PR]
# by barcradle_annex | 2006-01-26 18:10 | 対策

1%のリスク

今日ベッドの中で眠気眼のままテレビを見ていたら、ワイドショーのコメンテイターがほり×××がメールを削除していた件に関して言及していた。
「一般的な『メールを削除する』手続き」で証拠を全て隠滅したであろうと思っていたほり×××。それでも彼は消したデータがある機械を用いれば消去したデータを回復できるということもしっていたであろう。つまり彼はデータを消去したことで99%大丈夫だと認識し、1%のリスクを認知したもののそのリスクに対しては手を打たなかった(いや、もしかしたら打てなかったのかもしれないが)。

1%のリスクに対して、万全を期することができるだろうか?
私は1階に住んでいるのだが、普通の1階よりも中2階の位置にある。ある程度の高さがあり、目隠しがあること。そして、針金入りの窓ガラスだったこと、そして何よりも前に住んでいた住人から「大丈夫だよ」という言葉を聞いていたがために、住み始めたことに家族に言われた「ほんとに大丈夫かよ?」という危惧する声を無視してしまった。
1%のリスクを認識していながらも、対策を打っていなかったのだ。

「うちは大丈夫」その言葉。本当にいえる?
「プロの空き巣犯だったらしょうがないよ」その言葉を言う前に、リスク対策をしていた?

東京都内の空き巣犯は減っているといわれている。警察当局や保険会社からは何万分の一かもしれないが、侵入された人にとってはとても大きい一つの事件なのだ。

それは空き巣被害だけではない。
イジメも、DVも強姦、万引きもも同じこと。
被害を与えたほうは「あっちが悪い」「たまたま」「なんとなく」という。
周りの人は「いつかは忘れるだろう」という。

あたしの部屋に侵入した犯人がとうていこれを読んでいるとは思えないし、イジメやDVや強姦を起こすような人には響かない言葉かもしれない。
それでもあえて言うのは、「人一人を廃人にすることほどの罪を犯していることを認識しろ」ということだ。そして、「うちは大丈夫」と言っている人には「被害に遭うリスク」について考えて欲しい。
[PR]
# by barcradle_annex | 2006-01-25 12:25 | 対策

補助鍵のすすめ

空き巣侵入方法の第二位の理由が無施錠というのがびっくり。その次に玄関の鍵を開けての被害だ。だからこそ、対策2番目としては「補助鍵」の取り付けをお勧めする。

前回は防犯シートを紹介したが、正直なところ防犯シートでも割られてしまう可能性だってある。また、サムターン回し対策をしても、もしかしたら鍵を全部壊される場合だってあるし、以前に住んでいた人がそのまま鍵を持っているということだってあるのだ(個人オーナーの場合、鍵を変えない人もいるという話を聞いた)。

窓ガラスや玄関をあけられないようにするには「あけさせない対策」、つまり補助鍵をお勧めする。ただし、賃貸住居者にとっては防犯シートよりもこちらのほうがハードルが高いだろう。補助鍵の場合は家や窓枠に穴を開ける可能性が高いので、賃貸契約の「現状回復」が困難になってしまうのだ。

YOMIURI ON-LINEに賃貸住宅にとりつける補助鍵についての記事が掲載されている。
入居者自らが取り付けても良いと言う判断が出た場合に、
 (1)取り付けても良い
 (2)取り付けにかかる費用はどちらが持つのか
 (3)退室時は玄関ドアの交換は免責にするが、錠は残置し鍵は家主に返却する
というような内容で覚書を交わすと良いと思います。


私は今住んでいるのが会社の社宅扱いのマンション一室なので、会社に依頼をして窓の補助鍵と玄関の補助鍵をつけてもらった。↓
f0044204_16233562.jpg


ちなみに、窓の補助鍵は3,000円、玄関は21,000円(消費税込)。「賃貸だからなー」と諦めたり、「大丈夫だよぅ」と鷹をくくらないで「安全を買う」ということに着目して欲しい。私も次の住居では防犯シートと窓への補助鍵はつけるつもりでいる。
[PR]
# by barcradle_annex | 2006-01-24 16:23 | 対策

窓対策

警視庁のHPには空き巣の防犯対策が掲載されている。それによれば、集合住宅における空き巣被害のうち36%が「ガラス破り」。わたしの被害もここに含まれる。

で、どんな感じかというと↓(ガムテープは仮措置でつけたもの)
f0044204_15354140.jpg

拡大すると
f0044204_15351748.jpg


これを見ていただくとわかると思うが
◎割られるのは鍵の近く→鍵を開けるために窓を割る。
◎針金入りで安心していたら大間違い。針金入りは簡単に破られる。

このことから
どんな窓ガラスでも鍵の近くを補強すること。
万が一窓ガラスを割られても、ガラスをあけられないようにすること。

これらが必要になってくる。
窓ガラスの補強としては、防犯シート
こちらは原状回復が可能なので、賃貸の場合であっても大家もしくは管理人に交渉可能。不安であるようなら、はがすことができるタイプを選ぶことをお勧め。
[PR]
# by barcradle_annex | 2006-01-23 15:36 | 対策

洟、号泣、緊急避難

金曜日は玄関に二重鍵をとりつける業者がくるということで早く家に帰りついた。
いつものようにポストをチェックすると、「空き巣に注意!先日1階の方のお部屋に窓を破って侵入するという荒っぽいい手口の空き巣事件がありました」っていう注意勧告のポスターがはいっていた。それをみた瞬間いやーな気分が充満。でも業者がくるからと慌てて部屋に戻り、対応して見積もりを出してもらって全部終了。

ソファにどさっと腰を下ろすと、イッキにもう涙が止まらなくなってしまった。
もう洟もでちゃって「きちゃない」状態だった。
なんであたしなの?
スケープゴートだったの?
悔しいっ。
それでワンワン泣いてた。
大型プレゼンが終わったり、家を見つけたり、防犯対策したり、保険の請求書類をそろえたりという「やらなきゃいけない」作業が一通り終わったのですね。
保険の作業をしているときは、ちゃんと特約つけておけばよかったとか。
玄関のときは、まともに防犯対策すればよかった。だの。
起きたことは偶然であっても、それに対する自分の無防備さが嫌で嫌で仕方がなくなってしまった。
そしてその場で最も連絡が取りやすい姉に電話してますます号泣。そんな感じだったので、その後は姉の家に緊急避難してました。

目の周りに紫斑が出ちゃうぐらいの号泣は小学生以来。でも姉の家に電話して開口一番「くやしい」という言葉がでたけれど、それが溜めてた思いだったんでしょうね。泣いて起きた翌日は前日ほどの気持ちの乱れはなく、ただ「いろんなことに疲れたな」と感じました。

その日は午後からセミナーだったのだけれどそれもやめ、日中はぐっすり眠りました。自分じゃ全然頑張ってるつもりはなかったけれど、頑張りすぎてたのね。
でも、まぁいいか。それでも疲れてたんだモン。許してあげようという気になってます。

だからこそ冷静に防犯について考えられるようになってるので、「防犯対策」についてしばらくおつきあいくださいませ。
[PR]
# by barcradle_annex | 2006-01-22 22:01 | 経過報告

今でも思うこと

事件発生から一週間経った。
一週間前にはこんなことをメモランダム的に書き込んでいた。
現在の状況
○家から出るのが怖い。家に帰るのが怖い。
○体の微妙な震えが止まらない
○防犯について反省すべき点がいっぱい挙げられる。「思っていたのにやらなかった」とか「しらなかった」という発言をしている自分に気づき、無知は罪だという言葉を思い出す。
○無理やり気分を盛り上げようとするもスグ落ちる。
○一番許せないのは犯人だけど、その次にあたしだと思う。
○たまたまカーテンをしめっぱなしにしてしまった。
○盗まれてしまった金額も痛いが、買って来てくれた婚約指輪が「盗まれた」というのが一番いたい。もっとちゃんと扱うべきじゃなかったのか?あの指輪があったから命拾いした、と警官も周りの人もK氏も言ってくれることに納得しつつも、納得できない。
対策
○窓側の防犯UP(→会社に依頼)
○玄関には出るときにこよりを挟む→ずれていたら中に入らない
今は一週間前よりは恐怖心は和らいだし、落ち着いている。
それでも相変わらずに持っているのは「一番許せないのは犯人だけど、その次にあたしだと思う。」ということ、「無知は罪だ」ということ。

後悔先に立たず、とは分かっているからこそ腹立たしさが消えない。
復讐したい相手は顔も姿も形もわからない。そうすると自然と相手は自分になってくる。
自分のまぬけさとかが無知さがとってもやりきれない。もうこんな思いは二度としたくないということをまた繰り返していて、やりきれなさにげんなりしてる。

この復讐心を晴らすために散財したところで、なにもならないとも思ってる。それよりも力が欲しい。こんなこと、ふきとばせるやーいっていうタフさがほしい。そしていかにしてこの気持ちを晴らすか、昇華するか。どうやらそこにポイントが移っているようです。
[PR]
# by barcradle_annex | 2006-01-20 14:57 | 被害にまつわる話

ぼろぼろでてくる被害者

空き巣に遭いました(涙)ということを自分の周囲に話すと、いやはや「私も」だの「オレも」だのいろいろでてくる。

社内では総勢90名の人が働いているが、うち2人が空き巣被害を受けている。
1人はピッキングにより侵入され、婚約指輪以外の貴金属一切合財を盗まれた。
もう1人は全然気がつかずに、気がついたときにはいろんなものがなくなっていたらしい。

ネットで検索しても私と同じように「婚約指輪を盗まれました」といういう人もいるし、「ブランドもののバッグを盗まれました」だけでなく、「ペットのチワワを盗まれました」という人もいる。
チワワ・・・それはもうもはや空き巣盗難というより、飼い主にとっては誘拐だよね。
[PR]
# by barcradle_annex | 2006-01-20 11:32 | 被害にまつわる話

犯罪白書

平成17年版犯罪白書によれば、 財産犯による被害総額は,約3,258億5,000万円(前年比4.1%減)。
これはライブドアが時価総額を2日間で減らした額(3,000億円)にほぼ近い金額。どっちがすごいのかというのはかなり難しい。

一般般刑法犯の認知件数は256万3,037件で、うち窃盗が刑法犯の57.8%を占めている。計算上ではあるが約148万件の窃盗が一年間でおきていることになる。1日あたり4,054件だ。

多すぎだよ(涙)。

ちなみにわたしの被害者届番号は8番。1月13日までの祝休日を除くと、ちょうど8日目にあたる。ふつうの会社員みたいな仕事っぷりがしゃくにさわる。

もっとしゃくに障るのは、室内を荒らした跡だ。
洗濯物はランドリーボックスから出し、アクセサリーボックスをひっかきまわし、書類ボックスをめちゃくちゃにした。
しかも土足でだ。土足!人の家に上がるんだったら靴を脱げ!と思わず力を込めてキーボードを叩いてしまう。

警察官が帰った跡にトイレに入るとかすかにたばこのにおいが残っていた。わたしはたばこをすわないので、ほんのわずかなニオイでもかぎつけられるのだ。人の家で一仕事終わった後にすうなっとコチラに関しても腹立たしく思う。

自分で書いていてなんなのだが、「怒り」の感情がでてきた。やっと犯罪が起こる前の感覚をとりもどしつつある。
[PR]
# by barcradle_annex | 2006-01-19 18:10 | 被害にまつわる話